読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマトレ

筋肉はつけたいけど運動はヤダ! 痩せたいけどまた食べちゃった! そんなワガママなあなたに効く筋トレ&ダイエット紹介メディアです。

プロテインとウェイトトレーニングの勘違い。トレーナーが驚いた5つの失敗例を紹介

http://www.flickr.com/photos/76454756@N00/508647245

photo by ktpupp

身体づくりのためにジムにいらっしゃるお客様から、プロテインについてのご相談が寄せられることも増えてきました。

プロテインとは、タンパク質を主成分とするサプリメントのことで、効率よく筋肉をつけていくには、トレーニングと併用してプロテインによるタンパク質の摂取をしていくことが理想です。近年ではリーズナブルなお値段で手に入れることもできるようになってきていますので、一般の方でも活用されていいるようですね。

プロテインは魔法の薬???:

ただ、お話を伺っているといろいろと勘違いされている部分も多いようです。正直なところ、プロテインは薬ではないので、飲めば筋肉増強!なんてありません(笑)

プロテインは日本では食品と同じ扱いです。でも、効果的に適用するためのルールはあります。

そこで、今回はそんなプロテインとウェイトトレーニングの落とし穴をご紹介してみたいと思います。

プロテイン&ウェイトトレーニングの勘違い:

勘違い1:プロテインは飲めば飲む程いい!

タンパク質を効率的に体内に取り入れることができるプロテインですが、飲めば飲むほどいい!というわけでもありません。

一般には、1日のタンパク質の摂取量は、体重×1~2gが目安と言われています。

日常的に運動をするようであれば1日に2gが上限であると覚えておけばよいでしょう。

それ以上を摂ってしまうとカロリーの過剰摂取になってしまうため、余分な体脂肪を蓄積することになってしまうのです。

せっかく体を鍛えるためにジムに通っているのに、これでは本末転倒ですよね!

 

さらにこうした体脂肪の増加は肥満だけでなく、腎臓や肝臓などの内臓器官に負担がかかり、深刻な疾患に繋がるケースもあります。

そうならないためにも、自分のリアルタイムの体の状態を知り、摂取量をきちんとコントロールすることが大切なんですね。

勘違い2:筋トレの日だけ飲めばいい。

http://www.flickr.com/photos/36855865@N00/4253061232

photo by Rance Costa

あと、よくあるパターンが、ジムに来る日のトレーニングの前後にだけプロテインを飲むという人です。

たしかにプロテインを摂取しただけでは、筋肉が増えるというわけではありません。

しかし通勤や通学などがちょっとした運動になるとき、日常の中で不意に筋肉を使うような事態になったときに、体内にタンパク質の蓄えがあれば筋肉の修復がスムーズに行われることになります。

逆に、体内のタンパク質が足りていない状態だと、この筋肉の修復が不十分に行われてしまうため、普段のトレーニングの効果に水を差すような結果にもなりかねません。

トレーニングをする日と同じ分量を摂取する必要はありませんが、毎日安定してタンパク質を摂るということが重要になってきます。

勘違い3:毎日決まった時間に飲むのがいい。

あながち間違いとも言い切れませんが、時間よりは体を動かすタイミングがポイントです。

俗に「ゴールデンタイム」と呼ばれる、プロテインを摂取するのに最適のタイミングがあります。このタイミングに合わせて飲んでいくのがいいですね。

一番効果的なタイミングとして、筋肉を使った後に飲むのが最良とされています。時間にして、おおよそ30分くらいですね。

またトレーニングの前にも飲んでおいて、体内にタンパク質を蓄積させておく状態にするのもいいでしょう。

トレーニングの前後以外にも、たとえば朝起きたら、あるいは寝る前の1時間で摂取するのもいいとも言われます。

これらはプロテインの種類によっても違いが出てきますので、次項でもう少し詳しく書いていきます。

勘違い4:プロテインはどれを飲んでも同じ。

http://www.flickr.com/photos/39160147@N03/13933181142

photo by JeepersMedia

一口にプロテインとはいっても、その種類は様々です。

ホエイやカゼインなどがさっくりとした分類になりますが、その中でもいわゆるアスリート向けのものから、日常のトレーニングに適したものなど、用途によってさらに細分化されていきます。

またそれぞれの性質に合わせて、摂取するタイミングなども変わってきます。

前項でも触れたように、トレーニング後に適したもの、朝晩に摂取して時間をかけて体内に取り入れたほうがいいものなどがあるのです。

こうした点を把握せずにただプロテインを飲んでトレーニングをしていても、最大限に効果を発揮できる状態にはなりません。

勘違い5:プロテインさえ飲んでいれば OK

プロテインを飲んで、しっかり運動しているのに、体作りがうまくいかない! むしろ体脂肪率も増えて太った!そんな人も時々見かけます。

食事と一緒にプロテインを摂ることにはいろいろな意見がありますが、要するに大切なのはバランスなんです。たくさん食べる上にプロテインも飲むのでは、カロリーの摂りすぎになってしまい、結果肥満に至ってしまうわけです。特に脂肪の蓄積にも繋がる炭水化物は、控えめにした方がいいでしょう。

まとめ:

いかがでしたか?あなたは勘違いしていませんでしたか?

  • プロテインとトレーニングを上手く組み合わせることで、筋肉は飛躍的に進化します。自分の体に合った補給と運動のやり方を知ることで、毎日のトレーニングを楽しんでいきたいですね!