読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマトレ

筋肉はつけたいけど運動はヤダ! 痩せたいけどまた食べちゃった! そんなワガママなあなたに効く筋トレ&ダイエット紹介メディアです。

腹筋「三日坊主」でも続けられる10秒カンタン体幹トレーニング

http://www.flickr.com/photos/43927576@N00/126872410

photo by sean dreilinger

サッカー日本代表の長友佑都選手の著書をきっかけに、多くの方が“体幹を鍛える”ことを意識するようになりました。みなさんの中にも、体幹を鍛えるために、腹筋運動を始めた方はたくさんいるでしょう。

でも、腹筋運動が続かない方は少なくありません。つらい腹筋運動を、数十回毎日行うのは、仕事後の疲れた体にはキツイもの。「もっと手軽に体幹を鍛えられたら……」そう思いませんか?

そこで今回は、忙しくても手軽に毎日続けられる“究極のエクササイズ”をご紹介したいと思います。

 

体幹が鍛えられるとゴルフスコアも急上昇!?
驚くべき簡単エクササイズとは:

 誰でも続けられる体幹トレーニングがあった!:

誰でもスポーツ選手のように、締まった体でかっこいいボディをキープしたいもの。でも、スポーツ選手のような過酷なトレーニングをする時間と体力がある方は、ほとんどいないでしょう。

でも、ほんの10秒のエクササイズを毎日続けるだけで、体幹が鍛えられたら……? ゴルフのスコアがぐ~んとアップするのなら……? 今すぐ始めない手はありませんよね!

まずは体幹を鍛えるメリットを確認し、早速“超簡単な体幹エクササイズ”を始めてみましょう!

そもそも体幹を鍛えるメリットって?:

「体幹を鍛えなくては!」と思いつつ、なぜ体幹を鍛えることが重要だと言われているのか、しっかり理解している人はあまり多くないようです。まずは、体幹を鍛えるメリットについて考えていきましょう。

体幹とは、文字通り「体の幹」。つまり、頭と両手足をのぞいた、体の胴体部分を指します。“体幹”と聞くと、腹筋周りだけのように捉えている方が多いのですが、肩甲骨まわりや背中、腰も含めて“体幹”と呼ぶのです。それゆえ、腹筋だけを鍛えても、体幹のバランスが悪くなるのでよくありません。

http://www.flickr.com/photos/55144561@N00/320839687

photo by Jackie TL

体の中心部分(コア)である体幹を鍛えると、どんなメリットがあるのでしょうか。それは、サッカーの長友佑都選手をはじめ、野球選手、ゴルファー、フィギュアスケーターなどほとんどのスポーツ選手が体幹トレーニングを行っていることからもわかるように、運動のパフォーマンスが格段によくなります。

体の軸が強くなって安定することによって、無駄な動きや、使うべきでない筋肉を使わずに効率よく動くことができるのです。スポーツ選手ではなくても、体幹トレーニングを始めてから、ゴルフのスコアが急激によくなったという話はよく聞かれます。

 

スポーツをしない方にも、もちろんメリットがあります。体幹を鍛えることで、姿勢がよくなり、見た目が若々しい印象になります。というのも、中年の象徴とも言える“ぼよんとした下腹”の原因は、体幹の筋肉が弱まり内臓が下垂していることも考えられるのです。

体幹の筋肉の1つ、腹横筋は内臓を包み込んで支えています。その腹横筋があまり使われず弱くなってしまうことで、内臓を支えきれず下垂を起こしてしまうのです。

下垂した状態では、内臓の機能も低下していきます。最近、胃もたれしやすくなった、二日酔いがひどくなった、疲れやすくなった……そんな症状を感じていたら、黄色信号。“ボヨンとした下腹”は、見た目だけでなく内臓の老化をも引き起こすことを忘れてはなりません!

http://www.flickr.com/photos/55214894@N03/8619904945

photo by Edson Hong

体幹を鍛えると言っても、仕事やプライベートで忙しい毎日を過ごしていると、なかなかスポーツ選手のようにジムでトレーニングという訳にはいきませんよね。

でも大丈夫! たった10秒で驚くほど体幹を鍛える方法を実践すれば、お腹周りを鍛えられ、さらに背中や腰回りも同時に強化できます。ご紹介するのは、体幹が命であるプロのバレエダンサーも行っている方法。腹筋よりも手軽で続けやすく、効果が抜群だと評判のエクササイズです。では、早速やり方を見ていきましょう。 

  1. 床にうつ伏せに寝転がる
  2. 2本の立て棒を左右の手で握るイメージで手をグーにします。グーにした手から肘までを床に付けて体を支えます。
  3. 足のつま先を立て、頭から足まで一直線になるように体を浮かせ、10秒キープ。お腹が沈んだり、お尻が出っ張りすぎたりしないように注意 

たったこれだけです! でも、やってみると結構キツイはず。これでは生ぬるいという方は、10秒行った後に、片足を上げて行うバージョンを左右10秒ずつプラスで行ってみてください。これを続ければ、たちまち体幹がしっかりしてきますよ。


毎日10秒なら、どんなに忙しくてもできそうですよね。ぜひ、毎日行ってみてください!